料金やサービス|これまでのレンタル倉庫とは異なる倉庫業の新しいスタイル

これまでのレンタル倉庫とは異なる倉庫業の新しいスタイル

倉庫

料金やサービス

木材

貸倉庫・レンタル倉庫には、様々なタイプがあります。ワンルームタイプの屋内型のレンタル倉庫では、衣類や書籍等を預ける人も多くみられます。このタイプのレンタル倉庫は、24時間体制で警備をしていたり、防犯設備が整っているところが多いです。屋外型のレンタル倉庫では、バイクや自転車などを預ける人も多くみられます。レジャー用品を収納したり、使用しなくなった家具を収納する人も多く、自宅に収納スペースが少ないという人に重宝されています。貸倉庫・レンタル倉庫の利用料金は借りるスペースによって差がありますが、一畳のスペースで1万円から1万5千円ぐらいで利用できます。ロッカーサイズや3畳以上のレンタル倉庫もありますので、収納したいものに合わせて選ぶと良いでしょう。

屋内型のレンタル倉庫ですと、大きいサイズのもので1万5千円前後というところが多いようです。屋内型と屋外型でも利用料金に差がありますので、事前にチェックしておきましょう。借りられるスペースや予算を考え、収納するものに合わせて選択するようにしましょう。実際にレンタル倉庫内を見学できるところもありますので、気になる業者が見つかれば、見学が可能か問い合わせてみましょう。ホームページの写真では小さく見えていたけど、実際に見たら広いスペースだったということもありますので、借りるサイズの参考にもなります。事前にどのタイプのレンタル倉庫がいいかという候補をあげておき、直接見てどちらにするか決めるとスムーズに決められます。また、セキュリティーもどのようにされているか確認しておくと安心できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加