これまでのレンタル倉庫とは異なる倉庫業の新しいスタイル

2人の男の人

店舗は不要

スキャンする人

物流倉庫では様々な品物を取り扱っています。また、その品物の品質をキープするために、環境も整えられています。アパレル商材であれば、カビが発生しないように除湿されている、防カビされているといった工夫が行われています。

用途に合わせて

室内

レンタル倉庫には屋内型と屋外型があり、収納するものに合わせて選ぶことができます。自宅に収納すると幅をとってしまう本や漫画、釣り竿やゴルフバッグなども安全に預けることができます。

倉庫の利用法

シャッター

倉庫業の新しいビジネスモデル

倉庫業は、倉庫に品物などを保管しておくことを生業とするものです。かつては、品物を単に保管するだけでしたが、近年は単にレンタル倉庫を貸し出すだけでなくさまざまなサービスを付与した物流倉庫と呼ばれるものが多くなっています。物流倉庫と通常の倉庫との違いは、入庫、保管、出庫を行うほか、集荷や輸入業務、検品、在庫管理、加工、発送業務、輸出業務、輸送手配などといったサービスがオプションで付けられるものです。通常は、これらの業務は倉庫を借りた業者が行っているものでしたが、業務を倉庫会社に委託することで、それに必要な人件費や設備投資費などのコストを抑えることができるメリットがあります。また倉庫会社としてもサービスを付与することで、倉庫の利用率を上げることができます。

物流倉庫の注意点について

物流倉庫を利用する際の注意点としては、費用対効果があります。一般のレンタル倉庫であれば、保管期間に合わせてその使用料を支払うだけで済みますが、物流倉庫では入庫、保管、出庫といったアクションに応じて料金が発生します。そのため購入した商品を一意的に預け、すぐに販売するといった場合には物流倉庫は有利ですが、そうでない場合には、費用が高くなります。また物流倉庫といっても、倉庫会社によって得意としている分野があるため、その点にも留意する必要があります。例えば小売業向けの物流倉庫では輸入した商品を国内で小売りするサイズに詰め替えるといったサービスを行っているところもあります。このさいに重要となるのがそれらに携わるスタッフで、物流倉庫内のスタッフのレベルが低いと商品の品質も下がってしまう場合があります。

料金やサービス

木材

貸倉庫・レンタル倉庫には様々なタイプがありますが、一畳のスペースで1万円から1万5千円前後で借りられる業者もあります。実際にレンタル倉庫内を見学できる業者もありますので、見てから決めると安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加